土地建物登記手続(所有権移転・抵当権抹消等)

不動産の売買の登記について

不動産の売買の手続きは、契約を締結し、不動産の引渡と代金を支払っただけで終わりではありません。法務局への名義書換の登記手続をもって完了します。
売買の登記手続には買主の所有権移転登記・抵当権設定登記だけでなく売主の住所変更登記や抵当権抹消登記などの登記も発生する場合があり、ご自身で対応されるには複雑です。当事務所は年間300件以上の売買の登記依頼を受けておりますので、豊富な経験と実績により、お客様の立場に立ったご提案が出来ます。安心してご相談下さい。

土地や建物の売却・購入は、一生で何度も経験するものではありません。コンビニで商品を買うのとは訳が違います。高額な金銭の取引になるため、事故が起きたら大変です。司法書士は、不動産売買の場に立会い、スムーズな取引(代金精算)を行います。
また、きちんと事前の調査や確認作業を行いますので、トラブルになることも未然に防げます。

売買による所有権移転登記費用は、登録免許税の減額が受けられるケースや、住宅ローンによる抵当権設定登記が必要であるケース等、様々なパターンが想定されます。それぞれ、登記費用の計算が異なるため、まずはご相談ください。


抵当権の抹消登記について

金融機関への返済が終わった場合、土地や建物に設定されている抵当権を抹消する必要があります。金融機関が抹消手続きをしてはくれません。別途法務局に抹消登記手続をとらなければなりません。
 
ご依頼いただいた場合、必要書類の確認から、登記申請まですべて当事務所が行います。
ご依頼人の皆さまは当事務所へ必要書類をお渡しいただければ、法務局へ行く必要はありません。

ページの先頭へ